■NEWS■ 

第38回 東北専門新聞連盟・東北専門記者会 総会

  東北専門新聞連盟と東北専門記者会は2017年3月4日、 第38回総会を仙台国際ホテルで開きました。連盟の役員改選では、川村巖理事長を再任したほか、岩手建設工業新聞社の宮野裕子社長が新たに理事に就任。また、記者会は、福島建設工業新聞社の鷲尾直喜編集局長が代表幹事に就きました。  総会後に行われた講演会では、国土交通省東北地方整備局の川瀧弘之局長が、発生から6年を迎える東日本大震災をテーマに「復興やオリンピックが終わると公共工事の発注が薄れていくという論調があるが、その後もコンパクト+ネットワークの構築に向けた地域建設業者が行う工事が多数あると感じている」と所見を述べました。農林水産省東北農政局の米田博次農村振興部長は、5年ごとに更新を行っている土地改良長期計画や、土地改良制度の見直しについて説明しました。

          


 顕著な活躍を行った建設業者を表彰する『地域づくり』社会活動顕彰では、震災復興活動「みやぎボイス」を主催するみやぎボイス連絡協議会(代表・渡邉宏関・空間設計社長)を表彰。 同協議会は、東日本大震災からの創造的復興と災害に強いまちづくりをめざし、様々な分野の人々が協議できる場を設け、復興再生に大きく貢献したことが評価されました。

          

 表彰式では、渡邉代表に川村理事長が賞状と記念品を手渡しました。渡邉代表は、「今回の受賞を力にして、(被災から10年後の)2021年までは活動していきたい」と謝辞を述べました。 改選後の新役員は次の通り。(敬称略) 連盟  ◎理事長=▽川村巖(日刊建設産業新聞社)  ◎常任理事=▽柴田健二(日刊建設通信新聞社)▽高橋修(建通新聞社)  ◎理事=▽相澤隆(福島建設工業新聞社)▽宮野裕子(日刊岩手建設工業新聞社)▽荒川清春(秋田建設工業新聞社) 記者会  ◎代表幹事=▽鷲尾直喜(福島建設工業新聞社)  ◎庶務幹事=▽原田志保(日刊建設産業新聞社)  ◎幹事=▽佐藤俊之(日刊建設通信新聞社)▽折目暢巳(日刊岩手建設工業新聞社)▽栗谷卓臣(秋田建設工業新聞社)▽吉田伸(日刊青森建設工業新聞社)▽町田大祐(建通新聞社)

 

過去のリンク